久慈港は、北三陸に位置する岩手の重要港で、セメント原料の珪石やパルプ原料のチップ、造船に必要な鋼材等の重要な移入・移出拠点となっております。本ポータルサイトでは復興の歩みや、被災事業者の経営基盤確立、港をご利用いただく皆様の利便に役立つ情報を発信していきます。
 久慈の秋祭り
  NHK朝ドラ海女ちゃん




お気軽に
  ご連絡願います

 


 三陸海岸の北部に位置する久慈港は、岩手県の北部に位置しており、陸中海岸国立公園に指定されている付近一体は、良好な漁場として、古くから漁業の町として栄えてきました。
 久慈市では「海洋にひらかれた都市」づくりを目指して、昭和59年には久慈新港に1万5,000トン岸壁が完成、昭和62年には国家石油地下備蓄基地の建設が始まり、半崎地区の工業開発を中心とした整備が進められています。
 長さ2,700メートルと1,100メートルの久慈湾口防波堤の工事は、平成10年度にケーソン第1号函を据付、建設中であったが、東日本大震災により大きな損傷を受けた。

 久慈港は、岩手県沿岸の北部に位置する県北の港で、大正11年に内務省の指定港湾となり、昭和7年から24年に時局匡救事業として現在の玉の脇地区の一部が県営工事として建設された。また、久慈沖での船舶の遭難が多く昭和26年には全国避難港19港の1つに指定された。
 昭和44年、諏訪下地区に掘込式港湾が完成、漁業基地としての役割が広がったことと、背後圏からの石材や木材などの移出により、商港としての利用も活発化しています。昭和50年、重要港湾指定。平成6年、国家石油地下備蓄基地が完成したことにより、県北地域開発の中枢機能を備えた湾口防波堤の建設、半崎地区の工業開発を中心とした港湾整備が行われています。

 久慈地域を含む三陸沿岸地域は、津波被害を受けやすい地形条件から、これまで幾度となく甚大な津波被害を受けてきた歴史があり、一日でも早い恒久的な津波対策が求められています。
 現況の防潮堤は昭和8年の三陸津波規模に対応する天端T.P+7.3mで整備されていますが、明治29年の三陸津波規模の津波に対しては無防備状態です。この問題の解決を目的として、湾口部に津波防波堤を建設する構想が打ち出され、平成2年度より現地着手に至っています。
 湾口防波堤により来襲津波による港内の水位を低減させ、さらに既存の防潮堤により津波からの被害を最小限に留める計画となっています。また、久慈港内の静穏域が確保されることにより、港内の多目的利用が可能となるなど、湾口防波堤建設は久慈地域発展に大きな期待が寄せられています。
 


 釜石港湾事務所では津波被害から生命・財産の防護、港内静穏度向上による安全な岸壁荷役、荒天時の避泊水域の確保のため、湾口防波堤(北堤2,700m、南堤1,100m、総延長3,800m)の整備を行っています。
 

このサイトは 「久慈港湾機能強化グループ」 が運営しています。
〒028-0041 岩手県久慈市長内町42-8-14
TEL 0194-52-3101 FAX 0194-52-3102

HOMEへ戻る

Copyright (C) 2012 Kuji Port Portal Site All Rights Reserved